シチュエーション別、知らないと恥ずかしい席次のマナー

知らないと恥ずかしい席次のマナー

席次って、なんとなく「奥が偉い」位にしか知っていない人が多いかと思います。

確かに、基本的には入口から遠い方が上座、近い方が下座となります。

しかし、席を決める時って、必ずしも奥と手前にキッチリと分けられるものでもないんですよね。

今回はシチュエーション別の席次と、注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

応接室~上座は長椅子~

意外と答える人が多いのですが、両肘付きの椅子よりも、長椅子の方が上座となります。

まれにこの席次マナーを知らない人が、両肘付の椅子の方が偉い感じがするからと、部屋の奥に両肘付の椅子を置いていることが有ります。

基本的には、部屋の奥に長椅子を、手前に両肘付の椅子を置くのが本来のレイアウトです。

応接室の席次

会議~議長を中心に考える~

ある程度人数が多い会議は、議長の席の近い方が上座となります。

なので、出来るだけ議長の席は部屋の奥の方へ用意するべきです。

そして、議長から見て右が上位。右手~左手~右手・・・と交互に席を決めていきましょう。

会議

和室~床の間を基準に考える~

和室では、床の間に近い席が上座となります。

一般的に、床の間はその和室の奥に造られているので、その前が上座となります。

床の間が無い部屋では、普通の部屋と同じく、入口から遠い、一番奥が上座となります。

和室

エレベーター~下座は変わるが上座は変わらない~

エレベーターの下座は、操作盤の前です。

下座の人が行き先ボタンを押したり、ドアを押さえて安全に出入りが出来るようにします。
※一般的に操作盤の有る側から、エレベーターの扉が動きます。

注意するべきは、操作盤の位置が変われば、下座の2人は入れ換わるのですが、上座は操作盤の位置に関係なく、左奥が上座となります。

エレベーターの席次

タクシー~下座の人が支払いを済ませる~

タクシーや、若手社員が運転をしている時は、運転席の後ろが上座です。

一番最初に乗り込み、一番最後に降りるのが原則。

助手席とは、運転手の助手というところからこの名前が来ています。

タクシーの席次

運転する人によっては車の席次は変わる

車の場合、運転する人が目上の人やお客さんで、こちらとしては「乗せてもらっている」と言う状況も有るかと思います。

そういう時は、助手席が上座となり、身内で一番偉い人が率先して助手となり、お客さんに「運転をさせている」という印象を無くす必要が有ります。

偉い人やお客さんが運転する場合の席次

新幹線や飛行機~決まりはあるが臨機応変に~

新幹線や飛行機の席次は、基本的には窓側の一番奥が上座となります。

しかし、窓側の席は自由に移動が出来ない事や、圧迫感が有る事から、好き嫌いが有ります。

僕も、例え偉くなっても、窓側よりも通路側の方が好きなので、こういう時は、「窓側と通路側どちらがお好みですか?」とさりげなく聞いてみましょう。

新幹線や飛行機の席次

円卓~分かりづらいが基本は奥が上座~

円卓は四角のテーブルと違って、どの席が上座なのかわかりにくい事が有ります。

まぁ、感覚的な位置の差はあまり気にせず、入口に一番近い席の真正面を上座として良いと思います。

そして、その上座からみて右手~左手~右手と言う風に順番に席を決めていきます。

先に書いた議長のいる会議と逆になっている点に注意。
「議長を基準に考えてどこが上座なのか」と「席全体でどこが上座なのか」という違いが有る為です。
円卓の席次

席次の特例

夜景が見える時の席次

このような席次が基準としてありますが、例外が有ります。

それが、景色や見せるべき美術品などが有る場合です。

たとえば、窓から素晴らしい夜景が見えるような席の場合、奥側に座るとその夜景に背を向ける事になります。

こういう場合は、例え入口に近くても「夜景が見える」という点では、手前の席の方がグレードが高いので、特例として席次が入れ替わります。

同様に、和室でも、床の間に国宝級の掛け軸がかかっているような場合、その掛け軸を十分に眺める事の出来る席が一番いい席となるので、必ずしも「奥の席=上座」となるわけではありません。

まとめ

いかがでしたか?

席次ってシチュエーションによって結構バラバラなんですよね。

ただ、これも一つの基準にしかなりません。

若手社員が中心となる会議などは、下座に上司や社長が座って会議を見守るような事も多々あります。

車にしても、長距離移動になると、後ろの席だと酔うから助手席が良いという上司も居たりするので、その辺は臨機応変に、上座に座るべき人が気持ちよく座れる場所にエスコートしていくことが重要です。

 

スポンサーリンク