相手がつい話したくなる質問は相手本位のオープンドクエスチョンが有効

質問の仕方

人と会話をしていく時、話題を広げる為に何か質問をしようとしても、どんな質問をすればいいかに困ったことは有りませんか?

先日、「話題の見つけ方」についての記事を書きましたが、どんな状況で、どんな質問を、どんな感じですればいいかという所は、悩みどころかもしれません。

話の話題に困った時に使える10の話題

2016.04.21

今回は、話題を広げる為のシチュエーション別の質問の仕方について書こうと思います。

スポンサーリンク

オープンドクエスチョンとクローズドクエスチョン

質問というのは大きく2つに大別されます。

それが、オープンドクエスチョンとクローズドクエスチョンです。

オープンドクエスチョンというのは、答えが決まっていない質問の事で、

「今日はなぜ残業しなければいけないのですか?」

「どのようにしてあの業者の契約を勝ち取ったのですか?」

という様な「なぜ?」「どうやって?」という、相手が自由に答えられる質問です。

対してクローズドクエスチョンというのは、

「今日は残業するんですか?」

「あの業者と契約できたのですか?」

という風に、答えはYesかNo、または「どっち?」というような択一で答えなければいけない質問です。

営業のクロージングの時など、ハッキリと白黒つけたいような時は、クローズドクエスチョンの方が良い場ですが、返答に対しての対応力が無ければそこで会話は終わってしまいます。

会話を広げる為の質問は断然「オープンドクエスチョン」の方が良いです。

同じ質問でも、質問の仕方次第で、そこで話が終わるか、そこから話が広がるかが変わってきますので、この、オープンドクエスチョンを意識するようにしましょう。

質問の基本は相手本位の話題で

質問をする時、自分本位で話を進めてしまうと、相手があなたの事に興味が無かったり、詳しくなければそこから先に進むことが出来ません。

まずは相手の懐に入る(相手の得意分野)の質問をすることが重要です。

実際に例を挙げてみましょう。

年上のお偉いさんとの会話

目上の方と話をする時に心がけたいのは「教えを乞う」事です。

人は他人に「未熟な僕に教えてください」といわれると、悪い気はしないので、色々と持論を展開してしまうものです。

部長のトーク力には到底及びません。どのようにすれば部長みたいになれるのですか?
ふふふ、そんなに知りたいか。仕方がない、教えてやろう。
ヨイショするだけじゃなくて、そこから「教えてほしい」という気持ちを伝える事がポイント!!

若い社員とのコミュニケーション

「最近の若いやつといったら・・・」なんて言っていると、いつまでたっても若い社員からの信頼は得られません。

世代によって文化や学校で学んできたことは違うので、そこをどうのこうの言うよりも、若い人に積極的に歩み寄って良好な人間関係を形成したほうが、よほど生産性が有ります。

スマホで何かオススメなアプリってあるかい?あまり詳しくなくてさ。
部長にオススメなのは、キャバ嬢と恋愛をするゲームアプリですね~

定期的に訪問する取引先との会話

定期的に取引先に訪問する様なルート営業などの方は、都度都度の話題に困るかもしれません。

前回の記事の「適度に整理すべし」を基本に話を組み立ててもいいですが、話題にも限界が有ります。

話の話題に困った時に使える10の話題

2016.04.21

定期的に話す相手とは「前回の話」を基本に質問をしていくことがベストです。

話を覚えてくれているというプラスの印象を与える事も出来ます。

そういえば前回お伺いした時に綱渡部長が仰ってた事なんですけど、調べてみました。

酔ったら説教する上司

どこにでもいるのが、酔っ払って説教ばかりしてくる上司。

中には為になる説教も有るかもしれませんが、基本的に酔った状態での説教は単なる上司の愚痴でしかありません。

そういう時は、上司に自分の事を話すように仕向けましょう。

大抵の人は、あなたを攻撃する説教から自分の過去の栄光や武勇伝を語りだします。

説教を聞くよりはずっとストレスが軽減されると思います。

まったくよぉ、お前はいつもいつも女の事ばかりで、仕事に全然精を出していないんだよな。ヒック。。
ところで、部長は若いときとか結構いろんな女性と仲良くしてたんじゃないんですかぁ?
んぁ?俺か?おれなんかよぉ・・・・・

自分からは話せなくても、人は聞かれれば話す

世の中には、話すことが苦手な人はたくさんいます。

しかしそんな人でも、聞かれたら答える事は出来るものです。

ましてや自分に興味が有る事、詳しい事、自分の事なんかは、どんどんと話したくなってくるものです。

質問するときは、オープンドクエスチョンで、相手が話したくなる話題作り、雰囲気作りが質問術の極意だと思います。

スポンサーリンク

質問の仕方