暑い夏にも最高のパフォーマンスをするためのビジネスグッズ

まもなく、スーツなんて脱ぎ捨てて海に行きたくなるような夏がやってきます。

それでも働かなければいけないのが社会人の宿命・・・

今回は、そんな過酷な夏のビジネス環境を少しでも改善するグッズ・方法をご紹介します。

これで他のライバルに夏の間に差をつけるようにしましょう!!

視覚的に涼しさを求める

PCの壁紙を変える

涼しい画像

夏の間はパソコンやスマホの壁紙を涼しげな画像に変えてみてはいかがですか?

別に変えたからと言って体感の気温が変わるわけではありませんが、青や白を基調とした色の壁紙に変えることで、精神的涼しい気分になることができます。

Googleなどの画像検索で「涼しい画像 壁紙」というような感じで検索すれば、見るだけで涼しい画像がたくさん出てきますので、お好みの物を選んでみましょう。

デスクに観葉植物を置く

カラフルゼリーの観葉植物

デスクに置く小さな観葉植物も視覚的に涼しさを与えてくれる効果があります。

造花でも問題ないですし、器をガラス製でビー玉やカラフルゼリーを使ったようなものにすることで、清涼感が益々アップします。

色は「青」「白」「緑」がおすすめで、特に青は体感温度を3度も下げるという実験結果も出ています。

服装で実際に涼しさを求める

視覚的な効果だけでなく、実際に暑さを軽減する服装を選ぶことも大事です。

インナーは必ず着る

夏はワイシャツにインナー

夏は、シャツの下に何も着ない人も多いですが、夏こそシャツの下にはしっかりとインナーを着るべきです。

量産品のシャツはポリエステル製が多く、シワになりにくいものの、汗を吸いにくい素材なので、一度汗を書いてしまうと、逆にまとわりついて気持ち悪くなります。

ましてや、そのシャツで人前に出ることもあるのですから、汗ジミが付いているのはNGです。

シャツの下に汗を吸いやすい素材のインナーを着るようにしましょう。

また、近年は冷感インナーなども売られているので、オススメです。

通気性の良い靴を選ぶ

通気性の良いビジネスシューズ

夏に革靴を履くと、どうしてもムレて臭いが気になってしまいます。

本来は、磨きこんだ本革の靴を履きたいところですが、真夏においては、通気性にこだわった作りの靴を選択することもいいでしょう。

靴を脱いで立ち入るような場面で、強烈な匂いを放出するよりもよっぽどいいでしょう。

スーツ素材を変えてみる

夏のビジネススタイル

もしクールビズにより、スーツの素材を変えることが出来るような職場であれば、リネン素材のジャケットに変えるのも有効です。

着た時の軽さはもちろん、周りから見た時にも暑苦しさを感じず、清潔感も演出することが可能です。

カラーも、普段の黒や濃紺から、ライトグレーや青の強いネイビーがオススメです。

清涼感グッズを有効的に使う

デスク周りを夏仕様に変えたし、着るものも快適な夏モード!

それでも暑い時は暑い!!

そんな時は、清涼感グッズを使ってダイレクトに「冷やす」ことを考えましょう。

ネッククーラーで首筋を冷やす

首筋は多くの血管が通っているため、ここを冷やすだけで体全体が冷やされた血液循環により、体感温度を下げることができます。

今では、ワイシャツに合わせてつけることができる薄型も販売されているので、ビジネスシーンにおいても利用が可能です。

注意点は、お客様のところに訪問する時に外すのを忘れない事と、冷やしすぎは体に良くないので、「適度に」利用する事です。

51CgT3BR6oL

首にクールネックなんて巻いてられないという人は、瞬間冷却スプレーをお勧めします。瞬間冷却スプレーを利用

夏になると各社様々な冷却スプレーを販売しているので、暑いな〜と思った時にサッと一吹きしてみるのもいいでしょう。

持続性は弱いですが、その瞬間の冷んやり感は格別です。

まとめ

いかがでしたか?

確かに夏はエアコンに頼りたくなりますが、あまりエアコンの温度を下げすぎると体にもよくありませんし、女性は冷えに弱い面もあります。

2016年はラニーニャ現象で例年以上に暑くなるぞ!男女別、職業別の夏バテ対策

2016.05.30

そういう時は、こう言った冷感グッズで快適に過ごすことも考えてみましょう。

スポンサーリンク